« 木と腕時計の業界の比喩関係ロンジンの180周年の表を作成する歴史の回顧 »

腕時計の日常手入れの方法

腕時計が日常で8項の誤った方法をつけます
1、磁場を遠く離れます。今あり部のサブリストのモデルは磁気を防ぐ機能がありますが、しかし私はこのもののやはり(それとも)遠く離れたのが良いと感じます。私達の身辺は磁性の物質のやはり(それとも)多くの具体的な詳しい情況があって文章《磁化の実際に測る携帯電話の磁性の腕時計に対する影響を遠く離れる》に会います。

2、あまりにも湿っぽい環境の下でつけて水を防がないことはできなくて腕時計、特に皮質の腕時計のバンドの腕時計はもしもあまりにも湿っぽくまた(まだ)ベルトが硬くなりを招いて、異常なにおいが起きます。

3、機械的な腕時計をつける時あまりにも激烈なスポーツをすることはできなくて、当然なHOYAのゴルフのあのようなのは避ける必要はありませんでした。

4、気の向くままに表した後にふたを開けないでください、ほこりに入りを免れます。もしもあなたの本当に好奇心がある話は保養の時専門の人が分解する時あなたがやじ馬見物をして見てみるの。

5、夜に眠る前に腕時計を必ず取らなければならなくて、特に夜光機能がある腕時計、聞くところによると時計の文字盤の上で発光する塗料はラジウムと硫化亜鉛の混合物で、発光する時これを放射して健康に対してやはり(それとも)必ず影響したのがあるラジウムがあります。

6、長期持たない腕時計の毎月前回を要するぜんまい、もしも自動機械的なのが一回の保証をつけて上弦がぐらぐらすることができなければならないのです。このようなは腕時計の内部の部品が長期にわたり静止する状態ではないをの保証することができて、良好な性能を保証します。

7、手動で鎖の腕時計に行って初めて鎖に行く時、本人が自ら鎖に行ってまったく便利で1つの度を掌握するのが必要で、その後上鎖の時上で9分は良くて、とてもきついのを免れてぜんまいがひびが入りを招きます。

8、不幸にもあなたの腕時計は異常な情況が例えば万一幸運で類の問題を許さないがの現れた、もらって後あるいは専門補修店処理を売ってください、自分が要らないで勝手に処理を開けます。