« ジラール・ぺルゴの1966シリーズのすべてのカレンダーの月相の腕時計は紹介します男性スターのイメージガールの腕時計は推薦します »

バセロン・コンスタンチンの芸術の大家"ヒトデ"腕時計は紹介します

貝殻とヒトデ、埃捨爾の最も好きになる地中海の景色を受け入れています。貝殻は人にくらませるねじ山を誇示していて、エナメルのフィルの彩り豊かで美しい色で海の宝石の類のようだ人に気に入って手放せないように教えて、ヒトデ達手は引っ張って着手して、これが夕日に一面の赤褐色の赤い海を染められる中にしなやかなダンスのステップを踊り始めます。

 

Mトtiersd'Art–Les UniversInfinis「貝殻」2460SC自動的に行く精錬するチップ∕18kプラチナの材質∕表す小道の40mm∕時、分けるの、秒指示する∕顔立ち作る結ぶ合金のワシの、内で埋めるエナメルなどの技術∕サファイアの水晶の鏡映面、底かぶせる∕水を防ぐ30メートル
       
表を作成する技術の完璧な解釈

全く新しいLesUniversInfinisシリーズの腕時計は数項の巧みで完璧な技術で顔立ちを作って解釈を飾って密で芸術を埋め込みするのを運用するだけではなくて、更に最も得意とする表を作成する技術を運用してこの芸術を引き立たせに来て、通して透明な後底がかぶせるのでさえすれ(あれ)ば、鑑賞してきめ細かい手作業でまで(に)製造することができて、マイクロマシンの技術の極致の完璧な内包を象徴します。


Les Univers In?nisシリーズの3モデルの腕時計は皆2460SCチップを搭載して、バセロン・コンスタンチンの2400が自動的に煉チップ一族の所属の成員に行くので、機能が信頼できて、更に恪守ジュネーブは進んで表を作成する伝統の手工芸の精密な修飾、その中は面取り、真珠を売り払って紋様の機械板、ジュネーブの波紋の添え板、きめ細かい機械をつぶして図の紋様を刻んで22K金の質の自動皿を飾って、甚だしきに至っては微小な部品の光沢加工が修飾を磨き上げるので、皆透明なサファイアの水晶の底を通して一覧をかぶせて余すところないことができて、堅固な技術は顔立ちのすばらしくて十分な装飾の技術が現れてと持ちつ持たれつで更によくなります。