« 2011バーゼル表展トップブランドの新商品を出した複雑な腕時計自分を追う個性的な腕時計 »

咲く薔薇、新しいシリーズ帝陀パンパンロマンチックな優雅

2011年バーゼル表展で、Tudorチュードル表発売チュードル表のパンパンシリーズ——ClairのRose。ClairシリーズのRoseダイヤルの設計にかなり独特で、チュードル表ごじゅう年帯のブランドロゴデザインをバラ小秒針、ダイヤル中央エレガンス美しさ、引き立て真珠母貝材質フェイスは、まるで明月。表冠にはバラの模様を飾り、上下には環状の形で包んで、宝のように見える。表耳の部分では、独特の三爪で、腕時計の安定を保つほか、また鮮明なコントラストがある。

新型チュードル表Clair de Roseに備えて3種類のサイズ選択肢は:ケースはそれぞれ直径26mm、30 mmと34mm、ステンレス、スタイルや18ctピンク金及び鋼デザイン。腕時計はさらに、1950年代の「五珠」のデザインを基礎とし、新たに作り直したステンレスの表帯、サテン製、または織紋の表帯。镶钻や無镶钻の真珠母表面を備え、ホワイト、スカイよりJadeやTahiti Pearl 4つのデザインの選択肢は。