« スーパーモデルDoutzen Kroes伯爵最新大片推薦広告スイスの時計商のハイエンドの腕時計は中国の販売量の軟弱な狙いの中で市場をリードします »

スイス表価格の年収8 %の自由貿易の値下がりが値上がりに間に合わない

7月6日、「中華人民共和国とスイス連邦自由貿易協定」は北京で調印した。これは、中国とヨーロッパ大陸国家が署名した初めての自己貿易協定である。スイス参与降税の製品の割合は99 . 99%、中国側は96.5%、一般レベルを超えて。その中のスイスの時計の関税は10年に分かれて60 %に下がっています。万表網の創始者兼CEOと肖晓、スイス時計は年々上昇かつ関税を占めないプリクラを、同関税の下落に対してスイス時計特にいち万元以上の価格表影響。


現在の時計はスイスに輸出された第1位の製品ですが、スイスの時計の減税は慎重です。商務部部長助理俞建华によると、スイス時計10年準降関税60%は、契約発効の日から降、第一年以降降18%で、毎年だいたい5%下がって、10年の60%下がり。


「減税は、国内のスイスの時計の価格に少しの影響があるが、影響はない」。肖晓分析を含め、スイス時計を含めた大部分ヨーロッパ時計を問わず、中低ハイエンド、毎年価格は上昇6 %から10 %下落から関税価格上昇に間に合わない。また、関税は頭を占めていない、特にハイエンド時計に対しては、価格の影響は微々たるものである。