« バセロン・コンスタンチンはどのように本当に偽りであることを見分けます夏の日のすさまじい暴風、TAGHeuerタイ格HOYAは燃えて競争路に破裂します »

シャネルの腕時計は真偽の方法を弁別しますか?

“シャネルが代表するの風格は、長い間がたつのますます新しい独特な風格だ”、シャネルの腕時計の前に、また(まだ)表す色を設計、技術、技術とと同じ高さに上がることができるどの一つのブランドが一度もいてなくて、それは業界の中で最初に純粋な白色の概念を打ち出したのです。広大な女性の友達を深く受けられて好きです。市場の上がシャネルの腕時計を詐称するのがたくさんで、みんながだまされてためだまされるのを免れる。腕時計の真偽はみんなにシャネルの腕時計が真偽の方法を弁別するのを教えに来ましょう!


シャネルの腕時計の外観の上が腕時計の真偽を識別しに来る、腕時計logoのようだ、後から、字面、通し番号などをかぶせます。比較的太い隙間の場所のこの腕時計の間違いなくそんなに良くない腕時計を持っていて、だからシャネルの腕時計の真偽はまた(まだ)非常がきめ細かくなければならないをの見分けると言って、シャネルの腕時計の使った技術と技術は普通なのが生産会社を詐称して達することができるのではありません。


シャネルは一生すべて結婚がなくて、彼女は偉大な流行帝国を創造して、同時に自分の欲しい生活を求めます。その自身は女性の自主的に最優秀手本で、最も感情の楽しみの新しい時代の女性にわかるです。彼女とイギリスの貴族etiennebalsan往来、相手は彼女に第1社の女性帽子屋を開くように出資し援助して、もう一つのarthurcapelは流行店を出資し始めます。彼女は西の賢い公爵とと一緒に旅行に出て、啓発は第1モデルのあや織りの柔らかいラシャ類のスーツを設計します。生命の中ですべての男性はすべてアイデアの源泉を奮い立たせて、彼女は単に幸運によるのではなくて、たいへん努力してまじめな仕事です!甚だしきに至ってはずっと70数歳の高齢彼女まで(に)すべてまた(まだ)もう1度出て執務します。シャネルグループは1983年にkarllagerfeldから流行の総監督を担当して、しかし今なお季ごとに新型は依然として理念、シャネル――永遠のシャネルにシャネル精神をしを設計にします。シャネルの腕時計もシャネルの絶えずしっかりしている地位が派手な玉座に上がったのに従って、長い時間が経っても衰えません。