« 自動機械表の誤差蝶々ボタン »

機械表に弦をつける

機械表の上弦は手の上弦と自動上弦の2種類に分けられています。手の上弦の腕時計、その部品の構成は主に、柄、立輪、横になる輪、小鋼輪、大鋼輪、千斤、千斤、大きさの鉄輪のねじ、またいくつかの離合位置作用のあるコンポーネントがある。

手動機械表に弦の常識

自動機械表の上弦要素に影響する

(1)表と頭の大きさに関係していて、頭が大きいのは、口を大きくつまむことができて、小さい方が滑りやすくなります。また、表殻の柄頭管との連携を緩めておくこともあります。

(2)上弦の歯車の伝動は関係があり、異なる時計の機軸の上弦系の歯車の伝動はそれぞれ異なっている。

(3)発条の作業圏数も違いますが、時計発条の作業圏数は6 - 10圏の間で、作業圏が多く、上弦の回数(数)も多くなります。

(4)上弦の力に関係していて、私自身が発条したことがこれまで強力な満席で、ある人は弦の時に“秀気”を比較して、それでは毎回回転する程度では違う。

一般的な上弦が30下になるのが一般的ですが、手に弦を入れている腕時計はもちろんですが、いつまでも回転できなくなるまで、髪がいっぱいになります。自動的な時計にとっては、ほとんどの自動腕時計は手で発条することができるので、特に着帯や止まった後に帯をつけても手で発布する必要があります。自动の腕時計は「上には入っていない」ということだから、自動腕時計の上弦の回数は少なく、何本か、例えば40下になると基本的に保障できます。