« タイガー豪雅助力中国の月背の謎ロシニと格雅とどちらがいいですか。ロシニと格雅との比較 »

機械表はどうしたらいいのか?機械表の知識

皆さん、こんばんは、小編みはまた皆さんとお会いしました。あっという間に、新年がもうすぐ来るので、みんなは片付けて家に帰る準備をしてお正月になりました。それぞれの親戚や友人が集まってみます。こんな大切な日にはきっと良い飾りが必要です。男子にとっては、いい機械表というのは雰囲気がよくありますが、いくつかの時計の白たちはどうやって機械表を選びますか。ちなみにお勧めに値する入門級の機械男子は、これから取り調べをしておきます。

一、機械表はどうしたらいいのか?

機械表は通常以下の2種類に分けられます:手動チェーンおよび自動上のチェーンの時計の2種類。一般的に機械表は電池を交換する必要がなく、定期的なメンテナンスで油を洗うことができるので、長い時間を使うことができます。1つのよくある機械表の機軸は90から100個の部品で、より多くの機能の機軸は1400部品で、機械表のエネルギーは1つのロールのスプリングフィルムの発条で、発条の中に蓄積したエネルギーは時計機の仕事によってカウントダウンの目的を達成します。では、機械表の良さをどう見分けるか。まず、外観を見ます:良い機械の時計はめっきができて、色差がなくて、後ろのカバーの回転の所は厳密になるべきで、悪いのは逆です。次に、各種の位置にある音をチェックします。数周前に発条した後、表面を上にして、下を向いて、柄の頭を上にして、朝、左、右に向かって、各方面の周波数のリズムに耳を傾けるのも基本的に一致して、上足発条した後に、よい機械の時計の音は澄んでいます。最後に、測定時の精度、精読すれば高いほど良くなるほど良く、逆に悪くなる。

二、いくつかの推薦に値する入門級の機械男性表

第1項は、最適化- Kirkway(コウワールシリーズ)632 A 101の自動機械男性表で、この機械表は漆黒の表盤12点の透視窓の設計で、経典ローマの数字は音とナイフのマイクロマークのバランスのハンマーの針が完璧に交錯して、簡潔でクールで、素肌を発揮して、価格は4千元ぐらいにあります。第2項の推薦するのは精工SEIKO -リード5号のシリーズのSEKM 85 J 1の自動機械男性表で、この時計の12点の方向のブランドのロゴ、独特の双暦の窓、全体が簡潔で気前が良くて、夜の光は針を指示して、ステンレスの時計の輪はおおらかで簡潔で、精工表の冠、磨耗に耐えて、腐食を防ぎます。腕時計の寿命を高める。しかも価格は1500元程度で、価格は高い。