« 冠琴機械表がなくなったのは何の故障か、機械表は常識を守るティソ物流センター »

寒い北方で時計の時計をかぶって霧があって、正常な現象ですか?どうやって解決するか

今の北方の冬、特に寒い環境の下で、時計の方がこの現象が現れやすいです。もし時計のガラスの内は霧を結んで、ただ中心の部位だけが小さくて、しばらくするとすぐすぐに消えて、これは正常な結霧の現象で、最もよくある物理現象です。空気が相対湿度なので、時計の中も同じです。時計のガラスが霧を結ぶのは、表鏡ガラスの内外の両側には比較的大きな温度差があり、表殻内の空気中の水分子がガラスの表面に動くと、水分子は微粒子の形で凝結してしまうからです。

時計にも霧の程度の点があり、霧が凝結して見える水の玉や面積が比較的大きいとして、もう全体のガラスが敷かれたときには、時計が水に入ると断定することができる。特に腕時計の前には、水に触れたことがあります。例えば、腕時計を持っていたり、雨に濡れたりして、時計のガラスが霧を結ぶ現象が発生しました。

時計のガラスは霧が発生して、完全に直接加熱することができないで焼いて解決することができないので、時計に加熱した後に霧が一時的に消えてしまうことができて、実は水気は更に表殻の外を逸していないで、それは温度の比較的に涼しい位置に走って行って、例えば後のふた内か機心の内に走っています。最終的に時計ガラスの霧の問題を解決するには、腕時計の後ろカバーを開いて、機軸と裏面に徹底的な乾燥を行う必要があります。