« 骨董表と人々の常識の「骨董」とは何が違うのかすごい!20分で1億近くも売れている。オメガのウルトラマン限定版超制覇! »

時計の分野では、どのように絵を見るのも似ていません

最初は時計友達が私に何かの時計が何かを聞いてみましたが、確かに答えられませんでした。中世のヨーロッパのような「皇室」の気配がどう見られるのか。そこで、好奇心を駆使して南翔の掘削機を弔うことができました。

「豊かな」歴史を探っているのかと思いきや、イノベーションを見つけたという奇抜な手法が、デュクラス納の作品であることを確認すると、心の中には晴れていた。

どうしても、「井戸の中」の役をしていたのですが、今までDGが心の中でイメージしていました。

どちらかというと、プリントの要素が好きなドガナナも高級時計圏で一席を獲得したいと思っています。