« 天文台認証機械表天文台認証腕時計Swatchスウォッチの腕時計の注意事項はスウォッチの腕時計を使って何に注意しますか? »

自動腕時計のメンテナンスはどうやって行いますか?

自動マシンハーネスは、ねじを巻く機械式の腕時計に対して、自動マシーンウォッチは自動的にねじを巻く腕時計であり、心の底の自動盤の左右を通して発生する動力を利用してバネを駆動してエネルギーを発生させますが、腕時計自体の厚さは普通の手バネの腕時計より少し厚いです。自動腕時計のメンテナンスはどうやって行いますか?主に以下の点に注意します。

振動を避ける

自動心式腕時計は適切な活動量が必要で、それを持続させ、正常に運行させることができます。初めて使う時はグリップを20~30回回して、ゼンマイを最初に巻くようにしてください)、腕時計は衝撃を防いでいますが、外界の衝撃力が強い時は、スイングの先端やホイールシャフトの首が折れやすくなり、また、速い針の振動が走る時に影響します。

磁気を防ぐ

多くの腕時計は磁化しにくい非磁性材料を用いて作られているが,歩く時は磁場の影響を受けても無視できない。テレビ、ラジオのスピーカーのそばで、バックパックやカバンの磁気ボタンが磁界の影響を受けて時計が動いてはいけません。

防水。

腕時計を持って泳いだり、洗濯したりしないようにしてください。水を誤って濡らしたら、時計を抜き取って時計を調整してはいけません。すぐに拭いてください。海水はもっと触ってはいけません。防水表を明記しても、一年の防水保障があります。時計の防水リングは一年間の消耗を経て、汗、ほこりなどの外的要因が避けられないので、きっと疲れます。だから、一年後に新しい防水圏に変えなければなりません。そうでなければ、水を防ぐ機能がありません。表の頭が突き出ているので、できるだけぶつけないようにします。また、頭とケースの隙間に注意してください。小さすぎると操作に影響します。大会を過ぎると防水性能に影響します。