« Swatchスウォッチの腕時計の注意事項はスウォッチの腕時計を使って何に注意しますか?松拓スマート腕時計のオススメは、松拓スポーツ腕時計です »

松拓Ambit 2.0腕時計評価

SUUNTOはフィンランドのメーカーで世界的に有名な腕時計のメーカーです。腕時計の製品は機能が多様で「腕上パソコン」とも呼ばれています。これまで多くのGPS腕時計の商品を紹介しましたが、今日は腕時計の家で紹介します。

松拓Ambit 2.0腕時計評価

頌拓Ambitこの製品は心拍数帯とデータ線を内蔵しています。この中の製品の型番にはHRという文字が付いている頌拓製品は心拍数帯が備わっている製品です。Ambitの内蔵はANT+部品の接続をサポートしています。心拍帯のデザインは前のGarmin腕時計の製品の心拍数帯と同じです。

しかし、Ambitに付属の心拍数帯は電池交換の面でもっと簡単で、直接硬貨を使って後ろカバーを開けばいいです。密封環境もよくできます。汗の染みが心拍モニターに入るのは簡単ではないはずです。

付属のデータラインは充電と伝送データとして機能していますので、データ線は4つの接点として設計されています。単独で充電するのではなく、2つの接点を使用しています。今まで接触した腕時計の製品の多くは似たような設計方式を採用しています。

しかし、機能の部分で言えば、ソン・拓Ambitはファンの心の中ほど強くないです。私たちは今後Garminの旗艦腕時計Fenixを比較テストします。対照テストの前に、Ambitのいくつかの一般的な機能を大体体験しました。

Ambitは気圧高計と三軸電子コンパスを内蔵しており、GPSの位置付けがない場合でも、高度データと方位情報を正確にフィードバックできます。環境温度は温度計によって測定されます。GPS機能をオンにした後に位置を特定して記録することができます。