« ウェポンの腕時計はいかがですか?等級はどうですか?ドイツのWempe腕時計は正確に進みますか?パマティーニToric Capitoleブラウンローズゴールド »

磁気防御の腕時計の磁気防御の能力はどれだけ強いですか?磁気防御腕時計のテスト共有

反磁性腕時計の磁気防止基準

本基準は、磁気抵抗表の最低条件と試験方法を規定している。この規格は一つのアナログテーブルに基づいて4800 A/mの直流磁場中に意外に露出している。付録Aとは、追加磁場強度が4800 a/mを超える磁気防止表をいう。

標準:4800 a/m均一で連続磁場に耐える耐磁性腕時計を設計する。残留効果残存効果-本基準で定められた試験条件で測定した瞬時昼間差異。意味:「磁気防御」と表示されている腕時計は日常生活で使えます。腕時計の操作は偶然4800 a/mの直流磁場に曝される影響を受けてはいけません。結節:「磁気防御」または他の類似用語の表は「磁場中運動」と「機械表の残存効果」に規定された要求に適合していなければならない。磁場中を伝送する。

磁気防御腕時計の磁気抵抗実験

「反磁性試験」に記述された反磁性試験中に腕時計は停止してはならない。複数のモータを有する石英表については、モータが「反磁性試験」に記載した耐磁性試験期間中は停止してはならない。機械表の残存効果は、表中心の組立直径が20 mm以上または面積が314 mm 2以上の場合、残りの効果は30 s/dを超えてはならない。表中心の組立直径が20 mm以上でない場合、または面積が314 mm 2未満の場合、残りの効果は45 s/dを超えてはいけない。テスト条件:バンドと表が一体でない限り、テスト表を縛ってはいけません。

全体の試験期間において、環境温度は23+5の範囲で、温度変化は2より大きくしてはいけません。試験機器:使用する試験機器は、「反磁性試験」に規定された3つの方向に均一で連続的なa/m磁場強度(試験中は+1%の変動が認められます)を発生することができます。耐磁性試験前の第一次瞬時昼間差試験は、機械表の満杯後1 hで行う。GB/T 4028の規定により、ch位置で少なくとも1 minの瞬時の日収差を測定しなければならない。瞬時日収差試験機を用いて試験を行うこと。このプログラムは機械表のみに適用されます。