« ワールドカップは肉体を見る以外に何を見ますか?オメガ、リメイク経典321ムーブメントを発表しました »

ローマの反対側は愛情です

Laura Lan藍思晴の「大文字のローラ」は中国語圏で有名な時計ジュエリー評論家で、専門的な機械時計を鑑賞し、ジュエリー、生活、文化、芸術などの各分野に対しても独自の見解を持っています。「引想力工房」を創設して、専門文案、顧問、講習などの仕事に従事します。

夏のローマは他のところより暑いです。ローマにいるかどうかは分かりませんが、すべてが大げさになります。

数週間前にミラノにいた時はもう日焼けしてたまらなくなりました。ローマに来た時はもう真夏です。毎日強い日差しが照りつけています。ローマは一度も悲しいことがないようです。イタリアで一週間以上、傘はずっと私の手を離れたことがありません。この時も確かに陽光の顔を左右するべきです。

烈陽の下のローマ闘獣場。

初めてローマに来たのは15年前です。バチカンの近くのスーパー団地の民宿に住んでいます。3月末の日は一日中雨です。外に出たことがないので、ずっと高い屋根や綺麗な部屋で本を読んでいます。私と同じ年ごろの大家さんに会って、毎日家にこもっていてとても心配しています。見てください。ずっと遠くまで行っていません。大家さんは毎晩30年以上のレストランに連れて行ってくれました。彼らの家の主な食堂です。毎晩何を注文しても、大家さんの成長を見ています。