« 初冬の来犯は皮のバンドを暖かくします。腕時計は3万枚です優雅さと浪漫的なセンスを持つデートシリーズに出会い、昼夜腕時計を表示します »

万国3大入門「神器」

主流の豪華腕時計の中で、万国は私の好きな時計です。万国顔の価値が高くて、私の審美に合っていますので、前後何匹か買いました。現在、万国には6大レギュラーシリーズと1つの限定シリーズがあります。6つの通常のシリーズはそれぞれポルトガル、柏涛菲諾、達文西、技師、パイロット、海洋時計です。1つの限定シリーズは150周年記念シリーズです。万国のすごいところは入門レベルの万国でも、中高級クラスの万国でも非常に人気があります。各価格帯には買う価値のある時計があります。今日は皆さんに言いたいのですが、万国3大入門の「神器」です。マーク18、柏濤紅60、海洋時計、この3つの時計はどれも価格性能比が超高いです。付けられて、遊んで、造れます。血も純正です。

左から右にかけて、マーク18、柏濤菲諾大三針、海洋時計、万国入門三大神器。

万国マーク18、公定価格31800。

万国マークは私の大好きな時計で、万国の非常な「業界良心」の時計です。万国に詳しい人はすべて知っています。マークの歴史は前世紀の30年代にさかのぼります。1936年に最初のマーク、マーク9が発売されました。歴史上のマークは本格的な軍用飛行表で、設計の目的は各種の極端な飛行条件に適応することで、英軍の中で服役したことがあります。その後、マルクは民間用に変わり、次第に豪華な運動表に変化しました。前世紀の30年代のマーク9から今までずっと断代がありませんでした。(13、14の数字は縁起が悪いので、13と14をスキップしました。マーク12から直接マーク15まで)、現在販売されているのはマークの最新型です。マーク18です。