« 50年前のセイコー、復刻しましたすばらしい弾みがあります今年の帝舵はどの程度ですか? »

今回の巴展、GSの定価はあなたを驚かせましたか

バーゼル展はスイスだけではなく、かつて輝かしい日本の時計企業である精工集団も参加しました。かつてのサブシリーズは、「東方ロレックス」と呼ばれていたグランドセットが多くの人の注目を集めています。次に、GSが今年パキスタンで提出した作品を見に来ました。

エレガンスシリーズ

GSを知っている表友は彼らのSpring Driveという技術を聞いているはずです。1999年、機械表と石英表の運転原理を初めて融合させた精工の名前が「Spring Drive」です。簡単に言えば、バネボックスから動力を提供し、この機械エネルギーを電気エネルギーに変換し、水晶発振器を活性化させることにより、連続的に滑らかな電磁力でスライドホイールを調整することができる。このスライドホイールは従来のサイクリングとは違って、往復運動ではなく、均等速度の一方通行です。この技術は、走行時の精度(1日あたり±1秒)と秒を払う流暢さ(何人がSDを買うかは、この流暢な掃秒に向けて)を大幅に向上させるとともに、機械表の美しさを保持し、世界中で飛声しています。