« ロレックスの腕時計の知識はどうやって判断しますか?腕時計が磁気を受けましたが、どうすればいいですか? »

夜光計と蛍光計の違いは何ですか?

通称「夜光時計」とは、針や針に蛍光粉を塗り、暗闇に針や針が光る腕時計のことです。もう一つの発光可能な腕時計は90年代半ばに登場した全表面を発光させる電気蛍光腕時計です。

夜の光時計は夜の光の粉で文字盤の字の塊と針に塗って、夜あるいは暗いところで時間がはっきり見えます。夜光粉は粉末状の硫化亜鉛を基質としており、自体は発光しないが、リン光の特性を持っているだけで、つまり太陽光や照明の照射後に励起され、一定時間の光が持続するが、時間は短い。

硫化亜鉛を連続ブライトリングコピー励起するためには、定量的な放射性元素を混ぜます。昔は放射性元素のラジウムを使っていましたが、今はほとんど尾です。放射性元素の線量の大きさによって、夜光の明るさが違います。放射性元素は発光材料の発光を励起するだけでなく、発光材料の構造を徐々に破壊し、発光材の性能を弱めたり、消えたりするので、夜の光時計は一定時間を使うとあまり明るくなくなってしまいます。この放射性物質は非常に薄く塗っていますが、長時間かけても人体にダメージを与えます。その後、科学者たちは放射性ラジウム質塩の代わりに新しい発光コーティングを探しています。