« 積家の腕時計は時間が正確ではありません。どうやって校正しますか?ティソ腕時計注意事項! »

ティソの腕時計はどう洗いますか?

ティソの腕時計は国内市場での保有率が非常に大きいです。使う人が多いので、問題も多いです。今日は腕時計の家で、ティソの腕時計はどうやって洗いますか?

クオーツメーターは電池の寿命は普通1~2年です。電池は定期的に交換し、電池を交換する時はティソのシールリングを交換し、防水テストを行います。バッテリーの交換のヒントがある腕時計は、ヒントが出たら3週間以内に電池を交換します。腕時計のケースバンドの材質はタングステンチタン合金、ステンレス、柔らかい繊維、普通の鋼質などの種類があります。着用する時は同じ硬度を超える物体との摩擦衝突を避ける以外に、定期的に洗浄して、良好な装飾性を維持します。

また、海水、塩水浴、香水、シャンプー、マニキュア、化粧水などの化学物質を含む化粧品などはティソの腕時計に紹介された金メッキ層と金属面に一定の腐食があり、接触を避けるべきです。ティソの腕時計に紹介されていますが、防水機能があっても、水が防げるわけではありません。例えば、30メートルの防水は手洗い水、洗顔水、雨水、車が水をかけるのを防ぐしかないです。シャワー、水泳などをすれば、腕時計はきっと耐えられません。防水の深さに関わらず、メーターをつけてサウナを蒸すことはできません。蒸気の熱は防水テープの老化を加速させ、ムーブメントを正常に保護できません。