« シャネルCHANELJ 12 Chromaticの新しいチタンセラミック腕時計が世界で初めて発売されました機械表の価格はなぜそんなに違っていますか? »

腕時計の精度テスト、時計の数値が小さいのは常識です

スイスの腕時計の知識:腕時計の精度テスト、時計の数値が小さいのは常識です。

試験技術指標:1.等時差:つまり、24時間の日差と満弦の日差、位置が最も悪い。(符号はI)つまり、ねじの締め具合によって異なる走時誤差である。

2.位置誤差:位ウブロコピー置差ともいいます。位置が違って発生する誤差(符号P)です。

3.温度誤差:温度係数ともいいますが、(符号C)などの温度が36度と20度の場合、その瞬時の日差は(36-20)によって差をつけられます。得られた数値は温度係数で、つまり温度が変わるごとに腕時計の誤差が変化します。

4.総合指標(符号N)は:N=I*0.15+P*0.1+C走時の8大指標:1.I、2.P、3.C 4.N、

5.歩き続ける時、

6.落差(フルートと24時間後のスイング)

7.平立差(満弦平面と立面振れ幅差)8.面上日観察地震防止テスト:マイナス0.1-1 KG、1 M高さ、2位置==落体、セメント地。振子幅の土方法を測定します。ドライバーを持ってそこに置いて、摆輪アーム端から改造錐までの距離を見ます。

腕時計の精度テスト1.昼夜誤差(日差):24時間以内に間隔をあけて確定したので、表の精度の質を説明できます。第一昼夜の実は正値と第二昼夜の正値で比較します。