« オメガタングステン鋼の腕時計はどうやってメンテナンスしますか?職場の新人ティソベストシートのオススメ »

腕時計のベルトのメンテナンスと掃除方法

今は皮のバンドをつけるのが流行っています。その理由は柔らかい、従順と快適さにあります。ステンレスのベルトをつけたニッケル金属の滲出が人体にアレルギー反応しないようにしました。だから、重んじている人は皮のバンドが好きです。

革の時計の柄の等級も様々で、ワニの皮のクロコダイル、トカゲの皮のLizard、牛革のCow、ダチョウの皮のOstrichがあります。最も一般的なのは牛革製のベルトです。丈夫で長持ちするなら、革のバンドは金属のバンドよりきっとだめです。通常のベルト着用の寿命は2~3年ということもあり、「消耗ロレックススーパーコピー品」と言えるかもしれません。しかし、一つのポイントは肯定的で、いつも正常に着用して細心のケアをすれば、その使用寿命を大幅に高めることができます。これは靴を履く道理と同じです。

メンテナンス方法

他の皮質のものと同じで、皮のバンドは最も禁忌したのは水で、長い時間のは水の中でしみこんで、皮のバンドはすぐ硬くなってもろくて、人の汗をも含みます。だから決して皮の時計をつけて水泳に行ってはいけません。長い間汗をかいて水に浸したり、バンドにカビが生えて味が変わったりします。汗をかく人が特に多いと、皮のバンドをつけるのには不向きです。暑い季節を除いて、皮のバンドをつけるのに適していますので、多くの人が金属と皮の二つのベルトを備えています。涼しくて、皮を換えるのに適しています。夏に金属のものに換えます。また、注意深い人は、腕時計の原装の輸入ベルトを外しますが、普段は国産の他の規格の相当なベルトを使って代用しています。