« スイスの腕時計の5つの要素を買って、どのようにスイスの腕時計を選びますOrient東方双の獅子M―FORCE腕時計は紹介します »

Helwig飛行する陀はずみ車解説する編

ブレゲの大家が陀はずみ車の枠組構造を打ち立てた後にから、130年余り中、この小屋を打ち破ることができるのが横柄で立って柱の伝統の構造がある梁がある誰がありません。1931年に至って、ドイツ国家の尊厳拉蘇蒂制表工場AlfredHelwigはブレゲの“小屋”の中で、“梁”―に引き出していって彼が固定橋板をキャンセルする“飛行陀はずみ車”を発明しました。


表を作成する大家Alfred Helwig


陀はずみ車の史の上の第1次革命はドイツでから来て、1845年にの格拉蘇蒂を創始するのは全世界が最も特色のトップクラス機械時計工場の中の一つを備えるのです。格拉蘇蒂はドイツの表を作成する業界の最高な水準を代表して、同じく世間の人に高品質の腕時計を製造するスイスの人材がしかないのではないをの知らせます。AlfredHelwigは更に人に格拉蘇蒂の陀はずみ車の領域の内の画期的な革新を味わわせて、陀はずみ車に“飛行”の時代に入らせました。


ブレゲの大家が陀はずみ車の枠組構造を打ち立てた後にから、130年余り中、この小屋を打ち破ることができるのが横柄で立って柱の伝統の構造がある梁がある誰がありません。1931年に至って、ドイツ国家の尊厳拉蘇蒂制表工場AlfredHelwigはブレゲの“小屋”の中で、“梁”―に引き出していって彼が固定橋板をキャンセルする“飛行陀はずみ車”を発明しました。AlfredHelwigの発明は更に陀はずみ車のを軽減して自尊心を持って、精度の上で更に前へ1歩邁進しました。