« 威の戈WENGER腕時計は紹介します《頭文字D》中の男、車と時計 »

万元のランクはどうして選んでこの腕時計を買いますか?

ところで、この価格ラインのランクの内で、本当にみんなにまたあれらにすでに次第に“大衆向きだ”の腕時計に向かったように推薦するのを思いませんでした。時計は良い時計で、しかしつける人が多くなって独特な感に不足して、溝を吐く人がいますが:“いくつ(か)のお金はやっと、また(まだ)どんな自転車を要する”、しかし私は依然として物事の成り行くままに従いたくありません……

これは車を買うとまだ異なる時タグホイヤーコピー計を買います。車を買いにとって、予算は決めてしまったのでさえすれ(あれ)ば、しかし選択性はとても大きくて、、近代的なように一汽フォルクス・ワーゲンはアウディなどに着いて、それぞれのブランドの下ですべて“親民の大衆のモデル”を持っていて“高貴な楽しみのモデル”の価格まで(に)区分して、何でもそろっていて、異なるブランド、同一の価格ラインの異なるブランドは互いに入り組んで、思うままに選ぶことができます。