« 買い手の必ず見る良い品質の腕時計は技巧を選びますどうして腕時計はつければつけるほど黒くなります »

腕時計のポインターはどうして時計の文字盤まで(に)傷つけます

多分人がいて奇怪だと感じて、腕時計のポインターはどうして時計の文字盤まで(に)傷つけますか?はい、現れるこのような状況があります。もしも腕時計のポインターが人を移してあるいは落ちるのを発見して、それではすぐ腕時計を必ず止めなければならなくて、秒を止めていないで設置して、それでは時計を抜き出しなければなりませんを、腕時計に次第に止まっていかせて、この時くれぐれもまた針と上弦を動かしに行ってはいけません!腕時計のガラスを下を向いて放置することができて、それから直ちに時計店に送ってメンテナンスをします。


一、腕時計のポインターはスーパーコピー腕時計落ちました:腕時計が受けて激しく震動する時、ポインターは恐らく落ちるのがあって、特に秒針の可能性がもっと大きいです。もしも秒針(小さい秒針あるいはその他の機能のポインターを含む)はすでに落ちて、恐らく時、分針と時計の文字盤の間を押さえて、それではもしも腕時計は引き続き行き来して、秒針は弾いて漕いで時計の文字盤の盤面に擦って、それによって時計の文字盤の裂け目をもたらします。当然で、もしもこの時にまた(まだ)針を動かしたら、あの情況はもっとひどくなって、知っていて、時計の文字盤の価値はすべてとても高くてで、ある部品も探しにくいです。


二、藍鋼の針はさびます:藍鋼の針は高級できれいですが、しかしそれが湿っていた後にきわめて容易にさびて、下を向いて後でさびて“生長”、時計の文字盤まで(に)擦って、時計の文字盤に円弧形のかききず(写真に会う)をもたらします。この錆痕は修理の時、また(まだ)とてもよくなく拭いていって、さびる成分は“酸化第二鉄”と言うべきで、大昔の時、古人が洞穴と岩壁の上で絵をするのはすべてそれで顔料をしたので、1万年保存することができます。四、時計の針と時計の文字盤の間の隙間は小さくなります:時計の針と時計の文字盤の距離の最近、もしも安全な隙間がなくて、盤面まで(に)擦って、時計の文字盤に円弧形のかききずをもたらして、その中はまた(まだ)時計の針の上の夜が明るいをの含んで、同時に夜明るい粉も擦られて落ちます。それ以外に、時計の針の位置がまだあるのが低すぎて、時計の文字盤LOGOマークの上で擦って、分針の位置が低すぎてあるいは輪軸に分けてゆがんでいて、分針の先端が擦って時計の文字盤のの時にまで(に)上に合いを招きます。このようにかききずをもたらすだけではなくて、また(まだ)腕時計のが幸運だに故障を持ってきます.