« 5K以内の6モデルの紳士は小さく直接機械的な時計を表して推薦しますオメガの2013年のバーゼルの新型の特別招待 »

OMEGAが環境保護を提唱して節約するのがフランスの有名な環境保護の撮影技師と共同でPlanetOcean映画を作りを待ちます

  スイスの腕時計のブランドOMEGA、巧みで完璧な表を作成する技術で、ブランドを打ち立てて壇の指導者地位を表しています。OMEGAオリンピック政府の時間単位の計算と宇宙の冒険的なずば抜けている業績、も再度確かになったOMEGAが完璧だに対して時計算するのはきんでているブランドの価値と堅持します。去年、OMEGAはPlanetOceanの新しく発売する機縁を借りていて、光栄にフランスの有名な環境保護の人の撮影技師と映画業界の人の楊・亜祖の貝の赤い(YannArthus―Bertrand)に1部地球の海洋の米の映画に関して作って監督するように招待して、海洋の保育する理念を支持して順次伝えに来ます。1年中の撮影時間を通って、OMEGAと楊・亜祖の貝が赤くておよびマック・ピトー特に(MichaelPitiot)の共同で作る映画PlanetOceanを監督して、2012年6月のリオデジャネイロでした2012地球の首脳会議(EarthSummit 2012)の時に試写します。 この90分の記録映画は世界の数名の有名な空中と水底の撮影技師、海洋学者と生物学者の支持と参与に集まって、20余り国家にまたがって、角度を見下ろして水底などとと違い観衆に葢地球の表面の海洋の米にひっくり返りが現れて、同時に、観衆に直面する挑戦に対して私達のこれによって生存した海洋の生態システムを理解させます。目的はこの映画を通しを望むので、世間の人の海洋に対する観念を変えて、そして1人当たりに地球の上ですべて分担して海洋の責任を守りと自然を尊重するべきなように理解します。