« Asos腕時計のブランドは紹介します蔕の承諾する腕時計の紹介、DINUOがどうですか »

機械式ウォッチの保養の知識はどんながあります

機械式ウォッチの保養の知識


    1. よく比較的柔軟な布あるいはシルクでそっと殻の上を表して物と汗のしみを汚しに拭いていきを要します。


    2. 手パネライスーパーコピー動の上弦の機械が表してねじをまく時間に固定するのがいて、最も良い一回は十分です。ねじをまくのが時計を回す速度を適切で、行くのがとてもきつくないでください。きつすぎて、ぜんまいはぜんまいの箱の中の油(脂)に粘着しやすいです。ぜんまいがリラックスする時、弾力が過度に断ち切られやすいためです。


    3. 腕時計は最もやめて激しく震動して、球技をしてあるいは手がものを打つ時使って、それを取る方がよいです。


    4. 腕時計も水を恐れてしみこみます。そのため、服を洗って、その他と水の接触する仕事を手を洗うかする時、腕時計を取る方がよいです。腕時計の表すガラスはもし霧あるいは水点が現れて、直ちに検査・修理をするべきで、霧に水点を拭いていって、悪がしこい心を火であぶります。しかしもしいくつか霧だけある、気象に乾燥しているように待った後に、それは自分で消えてなくなります。


    5. 腕時計とラジオ、テレビなどを磁性の物体にあって接近しないでください、正確性に影響しないようにします。


    6. 腕時計を溶剤、水銀、に接近して化粧して噴霧剤、洗剤、で剤あるいはペンキ、しょうのうにくっつかないでください、そうでなければ殻、腕時計のバンドなどを表して色が落ちて、変質するか受けるのが損です。しょうのうはきわめて容易な揮発の物質で、機械油凝固しやすくて、給油を失って、その結果時計の正確率を損ないます。