« 革新魅力時刻閃耀シチズンの手を携える徐静のつぼみ瘋狂骨董時計ロレックスパテック・フィリップのまた破れているオークションは記録します »

腕時計の哲学

  とても小さい時、おじいさんの手が行っていつもひとつの古くさい銀色の腕時計をつけているのを見て、鏡映面はすでにぼんやりしていてまだらになっていて、正確ににくい急速に読取り時間、だからおじいさんは毎回鏡映面をすべて何回も拭かなければならなくて、それから老眼鏡をかけていて骨が折れて時計の針と分針のを探してありました。私はおじいさんにどうしてもう1ブロックリストを買いないをの聞いて、おじいさんはそれでは時計が彼の結婚する時が買ったのだと言って、すでに30年余りつけて、感情があって、惜しまなくなくて投げます。


      私があの頭の古い人にさわっていてまたおじいさんに聞く日があります:おじいさん、このブロックリストは破れているすぎて、全くはっきり見えませんでしたか?後ほどお父さんにあなたに1つの良いハイライトのを買わせて、良いですか?


      おじいさんは私の頭にさわっていて笑っていて言います:この時計はおじいさんは結婚がおととい鎮にあまねく歩いた中に大きなものと小さなものの商店がやっと選び出したので、これぐらいの年、毎回その音を耳にしてかたかた、私のでも勇気がある言い表せないのは興奮して、まるで当時の日まで帰って、あなたはまだ知らないで、あなたに成長したように多分明らかなおじいさんのこのような気持ちの待ちます!