« 気勢がすさまじいG-SHOCK陳冠希潮汐は広州城を襲撃します20歳の若者におすすめの腕時計です »

どれぐらいの大きさの腕時計を買うべきですか?

腕時計も服のように小さいサイズに分けられています。基本的には一人一人が腕の太さに合わせて選んでいます。しかし服と同じです。腕時計は「身だしなみ」や「寛一松タイプ」を選んでもいいです。でも、これは心の欲するままではありません。正盛表、運動表、ファッション表など、柄とは関係のないものを知る必要があります。大きいサイズと小さいサイズのどちらを選ぶべきですか?今日の問題はどれぐらいの大きさの腕時計を買うべきですか?

正盛表:スーツを買うように、似合うのを選びます。

前世紀の60、70年スーパーコピー時計代は責任服を一サイズ大きいサイズで買う習慣がありましたが、今は一番似合うのが原則です。合わないスーツは本来のスタイルを見せるのが難しいです。正盛表は普通スーツと合わせて現れます。着付けの原則と洋服も一致しています。時には違いがあるなら、正盛表寧小勿大の原則を覚えてください。具体的な得数を教えてください。文字の上では本当に必要なのです。総じて言えば、表の直径は33-40ミリメートルの間で制御したほうがいいです。もちろん、定規も固定されていません。この表は大きさが大きいか、それとも大きさが小さいかによって決まります。