« AP時計愛好家の林心如代言語愛彼氏ミレニアムシリーズ腕時計ウォッチウォーチの注意事項 »

自動腕時計のメンテナンスはどうやって行いますか?

自動機械心とは、写真が手に配られた機械式時計にとって、自動機械式心時計は自動的に発行された腕時計です。心の下の顔の自動盤の左右に満杯して発生する動力を利用して、髪の発生エネルギーを駆動しますが、相対的に腕時計自体の厚さは一般的な手に発せられる腕時計の厚さが少し大きいです。自動機械式腕時計のメンテナンスはどうやって行いますか?主に以下の点に注意します。

震えを避ける

自動機械式の意匠式の腕時計は適切な活動量を必要として、やっと持続することができます。正常に運がいいです。これは正常な現象です。初めて使う時は箱の頭を20~30回回してください。最初の上弦を出してください。腕時計は耐震ですが、外界の衝撃が強い時は軸の先やホイールを軸の首にかけて折れやすくなります。また、針のぶれが遅くなります。

磁気を防ぐ

多くの腕時計は磁化しにくい非磁性材料を使用していますが、歩く時は磁界の影響を受けても無視できません。テレビやラジオのスピーカーのそば、バックパックやカバンの磁気バスケットボールは磁界の影響を受けて時計が離れてはいけません。