« メメは全自動機械式の腕時計ですか?Brooks Brothers 2016秋冬シリーズ »

自動腕時計の内部構造

一、分類

機械表内mechanical watch)通常は次の2つに分類されます。自動巻き時計(AUTOMATIC)と比べて、手のぜんまいは2種類あります。この2つの機械の動力源は、ムーブメント内の発作を動力として、ギアを動かして時計の針を動かすものです。これは動力源の方式が違っています。手から発せられた機械時計は、今は手で編む力があります。ムーブメントの厚さは自動的に発せられる表があります。写真は腕時計の薄いです。自動巻きの腕時計は、ムーブメントの自動回転盤を左右に動かして動力を発生させて駆動しますが、写真は腕時計の厚さについて手に1本の時計を送ってくれるのが大きいです。

自動腕時計の内部構造

二、構造

腕時計の歯車

腕時計の歯車伝達は、特に主駆動輪には、いわゆる円弧歯形が広く採用されています。これらの歯形は、配線歯形が変化しています。純放電歯形加工が難しいため、放電線の代わりに円弧を使っています。歯軸の最小歯数は6です。輪歯数が多くない条件で大きな伝動が得られます。これは減少機です。ハートの直径は、高周波の腕時計の中では絶対に鋭いです。伝動効率が高く、95%ぐらいになります。腕時計の心臓サイズが小さいため、このホイールの部品に蓄えられているエネルギーは大きくありません。エネルギーの損失が大きいと、腕時計の時計の不良品質に直接影響します。加工誤差に対する感度が大きくなります。歯の形の誤差と中心の彼女の誤差のように、噛合特性が変化します。千万の歯の形は写真で噛合した一対のギアと個数から決められていますので、歯の数と個数が違っています。