« カシオのスポーツ腕時計と松拓スポーツ腕時計とどちらがいいですか?買う価値のあるカップルにオススメです »

エナメル表VS中国元素

エナメル技術は、みんなよく知らないでしょう。『紅楼夢』で第四十四回――史太君の二宴大観園金鴛鴦三宣歯牌使に、一人一人が自分の注ぎ口に模様を彫り込んで、一杯のカラフルなエナメル杯を書いています。

「エナメルカップ」という名前の字から見ると、これは磁器であるべきです。この技術は「エナメル開運」とか「磁器胎画エナメル」と呼ばれています。ご存知の方も多いと思いますが、通学時の歴史書には専門的な単位があります。エナメルは磁器の胎を使っています。康熙年に生まれた職人がエナメルを磁器に応用して、陶磁器を焼くというのは、ヨーロッパから来たもので、銅や金の胎盤として使われています。。